バイク買取って何?!

Friday, October 20, 2006

住宅 リフォーム 千葉 市 美浜 区

ハウスメーカーの『坪単価30万円から』という広告がありますが、個人的には、大嫌いです。
実物は全く同じものなのに、ある計算の仕方では、面積が40坪になり、別の計算式では、面積が50坪になる。。
ヒステリックに「早く、はやく、ハヤク」と急き立てると見るも無残な欠陥住宅が出来上がってしまうかもしれません。。
いくら勤務先が立派でも、本人に会ってみなければ、判断は下せませんよね。
 
「皆さん異口同音に『坪単価いくら?』とお聞きになるのですが、その単価に何がどこまで含まれてるのかわかっていない人ばかりで、大して意味のない数字なのに。 」
ローン特約条項により、契約解除せねばならなくなり、手付金を返さなければならなくなりました。
いきなり噴火してしまうと、業者が警戒して、なんの情報も引き出せなくなってしまいます。
また、しょうもない業者ほど、1つ1つの手続きの意味をちゃんと買い手に伝えようとしない傾向があります。
 
雨を経験していない建物なわけで、売主にも、買主にも、この段階でわかるわけがない。。
なのに、建築ギョーカイの人間は、なぜ、できもしない期日を言うのか?
「ああ、そっかぁ、この時はこういう考え方をして、展示場巡りしてたのかぁ。」
一生住むつもりで購入もしくは家を建てたんだけど。。。。という方も多いです。

Wednesday, September 13, 2006

着実に

最近、購入前相談におみえになる方から

「消費税がUPする前に」
「住宅ローン金利が上昇する前に」
なんとかしたい。

というフレーズを耳にする機会が増えました。

業界の新聞等では、
「建物を消費税の対象とするのはおかしい。建物は資産だ。」
と国に働きかけよう!

という記事も出ていました。

業界には頑張ってもらいたいですが、
施主や買主まで、意識過剰になるべきではないでしょう。

あせらず、着実にコトを進めていただきたいです。

医学の勉強

医学の勉強は、難しいようで、実はそうでもないです。

医学は専門分野なので、自分で勉強はムリと思ってらっしゃる

方が多いですが、そんなことないんですね。

医学コーナーの看護師の本などでは、かなりわかりやすく

書かれているので、素人でも十分理解できます。

学生も素人だったんですから、一般の方でも本を読めば理解
できるのですね。

生理学などの本を読むと体についてよく分かります。

Saturday, September 09, 2006

手付金の額

手付金の額。

自宅の買い換えは、だんだん大きなところへ移っていくケースが多いので、

売却金額 < 購入金額

になりがち、手付金は、契約金額の10%と取り決めすることが多いので、

もらえる手付金 < 支払う手付金

になりがちです。

できれば、

もらえる手付金 > 支払う手付金

少なくとも

もらえる手付金 = 支払う手付金

にもっていく交渉努力はしてみましょう。

Wednesday, September 06, 2006

鈴鹿8耐

以前からサーキットで見たいと思い続けているのですが
なかなかサーキットに行く事ができません。

来年こそはと、チケット等を調べてみたのですが
あるんですねぇ。 やっぱり。
VIPシート!
これ良いですよ!!
何が良いって・・・・
VIPスイートのチケットですと、エアコンがついていたりと
席の環境が良いのは当たり前ですが
それだけでなくパドックもピットも見られます。

ランチボックスもつきます。
さらになんと! 飲み放題もついてきます!!(笑)
ソフトドリンクとビールが飲めます。

58000円と安くありませんがすぐに売り切れになってしまいました。
いつかVIPスイートのチケットを手に入れて見に行きたいですね。

Tuesday, September 05, 2006

体感速度

ADSLを12Mから50Mに変えましたが、体感速度は

ほとんど変わりませんね。

ちょっと損した気分です。
 
 
ちなみに
 
PET検診施設も、さまざまな料金で、ピンからきりまで

あります。

Monday, September 04, 2006

札束を燃やす

広告媒体の選定について。

以前、リアルビジネス重視でマーケティングを行っていた頃、実はこの時期
スタッフ総出で広告資料を作成していました。

はっきりいって本当に大変でした(涙)

封入から送付まで、ありとあらゆる業務をこなしていたのですが、
ふとしたきっかけからマーケティングの方向性を180度変えてしまう経験をしたのです。

それはというと・・・・

「広告費100万円の失敗」です。

こんなこと言うのもなんですが、僕は無数の失敗を犯しています。
しかし、その失敗を経験に変えて今の集客の成功事例を作っています。

広告は企業活動にとって必ず必要なものです。
この札束を燃やす、という感覚をもてない限り、事業の成長はありえないと思っています。

Sunday, September 03, 2006

バイク買取をビジネスにする時

いろんな業務をモジュール化し、
マーケティングに集中できるような仕組みづくりを行う。

数多くの業務があり、
やはり作業という時間が足りなくなってしまいます。
だからこそ、優秀な仲間と試行錯誤しながらサイトなどを作っているのですが、
それでも時間的余裕がなくなりつつあります。
社内体制で出来ない仕組みは、
今後外部スタッフに少しづつ任せながらビジネスモデルの核となる部分の仕組みづくりに入っていきたいと思います。
ただ、外部スタッフに頼ってしまうと時間的制約がでたり、
進捗が確認できなくなってしまったりとあまり機動的に動けなくなってしまう側面があります。

バイク買取って何?!

大切なバイク買取って何?!
どんな仕事???